読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Creative of Zero Space

ーZero Spaceを活用する生き方とはー

脳の機能、観点があるから出会える“桜”

観点 認識

この時期、お店に並んでよく見かけるのは、「桜」の文字の書かれたスイーツを始めとする食品の数々です。

私は、この「桜」の餡やクリームが大好きで、ついつい手に取ってしまいます。

本当に桜の花の塩漬けを使用しているものや、桜の葉をつかっているもの、実際に桜の木のエキスを使用しているものがあると思いますが、中には「桜“風味”」というものもあります。

 

桜の味をする大元は入っていなくても、桜の味を感じることができるのは、人間の脳の機能、観点によるものです。

 

人間の脳の機能、観点には、

①部分だけをとって認識する

②違いだけをとって認識する

③過去のイメージとつなげて認識する

④有限化させて認識する

というものがあります。

 

上記③の観点で、過去に嗅いだことのある匂い、味わったことがある味、が記憶されて、そのイメージが瞬時に想起させ、今目の前にあるものとつなげて認識しているのです。

科学的に匂いや味を再現させ、さも中にそのものが使用されているような感覚になるのです。

 

フレグランスなどが流行っていますが、その中にお花や森林や果実は入っていないのです。その香りにそっくりな香りを再現して創っているのです。

 

脳の機能、観点があるから出会うことができる“香り”。

他の感覚も同様に脳の機能、観点によって、現実に“在る”ように感じることができているのです。

 

脳の機能、観点から自由になった時に、脳のアートを錯覚を楽しむことができるようになるのです。

 

この時期に出会える“桜”。

5感覚フルに使って出会いたいと思います。