Creative of Zero Space

ーZero Spaceを活用する生き方とはー

過去のイメージから自由になれずに苦しんでいるあなたへ

 

先日、「人間から生まれる多様な問題を解決するための1点とは」という記事を書きました。

creative-field.hatenadiary.com

 

その答えにもつながりますが、多様な問題を生み出している根本原因が本当に“観点”なんだなぁ、と思ったことがありました。

 

個人の観点もそうですが、それを生み出すようにしている人間共通の観点『脳の観点』。

 

脳の観点には、

1) 部分だけをとる

2) 違いだけをとる

3) 過去のイメージとつなげてとる

4) 有限化してとる(境界線をつける)

という特徴があります。

 

全部を統合的に駆使して、現実をみているのですが、今回生み出された問題に強く感じたのは、3番の「過去のイメージとつなげてとる」というものでした。

 

人間は過去の経験や体験によって創られたイメージから自由になることができず、それにより苦しむパターンが多いのです。

良いイメージでも悪いイメージも。

 

良いイメージであれば、過去これをしてうまくいった、成功した、というイメージから新しくチャレンジすることができないようにして、条件が変わった時に対応できなくなることがあります。

失敗を恐れ、革新的に物事を進めていくことが難しくさせてしまいます。

 

悪いイメージは言うまでもありません。

それが強烈であればあるほど、トラウマとなり、人格にも影響を与えてしまいます。

 

人が小さくなって、前に進めなくさせるのは、この過去の(悪い)イメージにつかまれ、いつまでもやってしまったことに後悔したり、先を読んで行動できなかったりすることなのです。

 

それをクリアするには、イメージを新しくするしかありません。

イメージを書き換えるのです。

そのため、無理やり様々な苦行的なことをやって、自信感をもつようにさせるものもあります。

今までのイメージはなかったことにする思い込ませるようなものもあります。

そのくらいイメージをゼロ化させることは困難なのです。

そのくらい脳の持つ機能は強烈なのです。

 

その脳の観点を根こそぎとることができたら、イメージからも自由になることができます。

その観点を根こそぎとる方法が“観点の次元上昇”なのです。

 

観点から自由。

観点を生み出す観点を持つこと。

観点の外。

そのイメージをインストールすることが必要なのです。

 

それができるようにする技術が認識技術「観術」なのです。

科学技術では補えない領域。

人間のイメージ。認識の世界なのです。

 

認識を開発する技術。

持っていて損はありませんよ。

「観術-かんじゅつ-」とは? | NR JAPAN株式会社 -認識が世界を変える-