読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Creative of Zero Space

ーZero Spaceを活用する生き方とはー

1つの歴史の終焉と新しいステージの始まりの狭間に

今日で、2008年からスタートしたJAPAN MISSION PROJECTも完了し、1つの幕を閉じました。
ここまで共に創ってくださったみなさま、ご支援、ご声援いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。

提唱者のNoh Jesu氏が第3の誕生として、JAPAN MISSIONの第1弾を開催した時に宣言していたのが、最近の出来事のように感じます。

あれから、全国を周り、多くの方のご理解をいただき、多くの方のご協力をいただき、1つのピリオドを打つことができました。

ここから、世界に向け、誇れる日本を発信していきたいと心から思いました。

新たなステージの始まりです。
2020年の東京オリンピックまでに世界に発信できる日本をオリジナルとして創っていきましょう!
その種は既にあります。
それを活用するか否かは、一人ひとりの独立した意思決定にかかっています。
誰かが決めた意思決定に乗るではなく、一人ひとりの独立した意思決定が必要な時です。

f:id:CreativeField:20170515170709j:plain



時代は21世紀。
いつまでも20世紀のあり方の日本を守り続けますか?

新しい日本をイメージして、日本を守った私たち先祖のために、新しい日本を創っていきましょう!

今の時代が乗っている「場」のセッティングとは

リーダーシップ研修も明日でほぼ終了になります。

宇宙自然を悟り知る段階から、
歴史文明を悟り知る流れを通して、
時代精神を悟り、
日本の使命を悟り、
個人を悟る。

その世界がキレイに流れています。

新しい時代を創り出す人は、どのくらい広い範囲と先を見越した『場のセッティング』をしているのか。

知れば知るほど、ただただ驚嘆です!

f:id:CreativeField:20170515171147j:plain



今からの時代、今までの知識の延長上では、AIに負けます。
全く新しいアプローチからの知識、技術が必要になっています。
それを伝えるられるのは教育です。
新しい教育。

そのことを伝えることができるのは、既に誕生しているからです。

今の時代を生きる、特に全ての日本人に出会ってほしい内容です。

このことを伝える更に熱い意志を持って、日本に帰りたいと思います。

北海道の開拓精神が息づく日本の武士道精神

今日は、少しゆっくりできたので、宿泊先の近くにあった北海道大学に行きました。

北海道の開拓者について、開拓精神について、本当に少しですが知識があったので、北海道大学農学部については興味がありました。

f:id:CreativeField:20170504213333j:plain

大学の敷地内を散策しながら、『Boys Be Ambitious!』で有名なクラーク像と実は当大学の卒業生である新渡戸稲造像と出会いました。

f:id:CreativeField:20170504213527j:plainf:id:CreativeField:20170504213629j:plain



札幌農学校の後身として繁栄していった北海道大学
ここに『総合博物舘』というものがあり、そこに立ち寄りました。

札幌農学校時代からの精神となる4本の柱。
・大志を抱け
・紳士たれ!
・自由と平等
・自主独立の精神
この4つの精神を軸に現代まで繁栄してきています。

f:id:CreativeField:20170504213831j:plain



アメリカの独立宣言も原文と日本語訳もありました。

f:id:CreativeField:20170504213929j:plain



興味深かったのは、クラークは聖書を持って教育の基本を創ったのにも関わらず、かの有名な『武士道(Bushido.The Soul of Japan)』を書いたことです。
日本の精神を世界に知らしめることとなった本書。
しっかりと読んでみようと思いました。

本大学の卒業生には、今の日本の精神の礎を創ったと言っても過言ではない錚々たる人物がいました。

世界の誇りの1つでもあった『憲法9条』。
これも本大学の卒業生である内村鑑三の思想が根基となっています。

f:id:CreativeField:20170504214046j:plain



新しい日本の始まりは、ここ北海道から胎動するのではないか、という想いを強く持った北海道大学との出会いでもありました。

次回、北海道には7月に来ます!
もっと知識を深め、新たな北海道との出会いができることを楽しみにしたいと思います。

この現実は本当にあるのか?!

今日は、北海道JMPでした。
2008年の第1弾の福岡を皮切りに今回で16弾が終了した全国リレー講演。

今回も認識Expoとして、ブースの出展をさせていただきました。
『錯覚経験』というブースで、様々な道具を使いながら、「今、私たちが“絶対にある”と思っている現実は、本当にあるのか⁈」ということを経験していただきました。

f:id:CreativeField:20170504212404j:plain

『認識をする』という行為には、
①認識の主体
②認識の客体
③認識の背景
が必要になります。

意外と③の背景に対してはピンとこない方も多いのではないでしょうか?
それが、よ〜くわかる道具をみて、みなさん『え〜〜!!!!』と叫ばれています!

私たちは実は『見る』という行為において、対象そのものをみているのではありません。
認識の背景がなければ『見る』ことはできないのです。
その背景とは何か?

それは、『光(可視光線)』なのです。
※視覚においての背景です。

光がなければ『見る』ことはできません。

更に、光という条件がいつも一定なのですが、その条件が変われば今まで見ていた世界が違って見えるのです。

その経験を認識Expoで経験できます。
次回の大阪で、本リレー講演&認識Expoもファイナルです!
全国から集まって、祭りをしませんか?

大阪にてお待ちしております!

project.japanmission.jp

「自分が話すために聞く」ことで話が聞ける

3日間に渡り開催してきた今回の『Industry5.0セミナー』も本日で最終日となりました。

話が聞ける状態、聞いてイメージが残ってる状態は、「自分が話すために聞く」ことです。
その対象が明確にいれば尚良いです。

自分が理解するために聞こうとするのは力が入って中々相手の言ってることを聴けないことが多いのです。

 

f:id:CreativeField:20170504211630j:plain


聴いた話を人に伝える、という実践行動を通して、自分のものとなることが多いということは、私も実感しております。
聴いて理解できたと思ったことと、人に話すことで理解できてることは深さが違います。

人に伝えながら教えながら自分のものになっていく、そのシステムとなる尊厳塾は本当によくできたシステムだと思います。
それを通して、お金も循環させていく。
新しい経済モデルも必要な時代です。

新しい技術を学びながら、
人に伝えることを通して自分の理解を深めながら、
お金まで循環させていける、
そんなシステムがあるんです⁉︎

ご興味ある方は、お近くの説明会にご参加ください。

尊厳塾 説明会 | NR JAPAN株式会社 -認識が世界を変える-

「3次元の立体スクリーン」の現実の外に出ることができる技術

昨日から、観術創始者Noh Jesuが直接講師を担当する『Industry5.0セミナー』が始まっています。

この現実は、3次元の立体スクリーンに映し出された映画であること。
それをしっかりと“スクリーン原理”として体系化してお伝えしている本セミナー。

この現実がスクリーンの中であることが明確にわかったら、スクリーンの外に出ること。
そして、新たな映画を自ら創っていくことができる。
そんな生き方が当たり前になる時代が来ています。

f:id:CreativeField:20170504211133p:plain

 

いつまで、スクリーンの中にいることに気づかないまま生きていきますか?

いつまで、自分で統制、調整できない宇宙の中で生きていきますか?

いつまで、この身体の範囲が自分だと思って生きていきますか?

いつまで、今までの人類の歴史を繰り返しますか?

いつまで…

一歩の勇気が新しい生き方をスタートさせるヒントをくれます。
一歩の挑戦が新しい日本を創ることができます。
あなたの一歩が今までの歴史にピリオドを打つことができます。

1人の貴重な一歩を応援したいと思っています。
新しい時代の夜明けのために。

オリジナルから生まれる“今ここ”のライブ

今日から3日間、観術創始者Noh Jesuが直接講師を担当する『Industry5.0セミナー』が始まります。

オリジナルから直接内容を聞くことは、とても貴重な機会だといても感じています。
私も講師として内容を伝えさせていただく立場ではありますが、やはりオリジナルに勝るものはありません。
どこまでも進化が起こっていくオリジナルの脳内の源泉。
新たな知識と出会って、再解析されて出てくる内容は、常に受講生との相互作用で生まれるライブであるといつも感じています。

f:id:CreativeField:20170504210336j:plain



常に物事を生み出したオリジナルは、無くなってから重宝されるキライがあります。
まだ、オリジナルと出会い、オリジナルの内容を聞ける機会に触れていただきたい。
真剣勝負をしていただきたい。
そういつも願っています。

今回はどんなライブが創造されるのか、楽しみに共に場を演出していきたいと思います!