Creative of Next JAPAN

2020年に向けて、次の日本を創ろう!

感情が動く『ボタン』

3月。

卒業シーズンですね。

 

先日、3年間お世話になっている保育園で

卒園式がありました。

3年前、新設の園からスタートした小規模園ですが、

初の3年通園1号が誕生しました。

f:id:CreativeField:20190318233743j:plain

 

来た当初は0歳児クラスで、

歩けるようになる段階から、

走るようになって、

話せるようになって、

友達と遊べるようになって、

会話ができるようになって、

理解ができるようになって、

 

たくさんのことができるようになっていました。

f:id:CreativeField:20190318233833j:plain

 

誰も最初からできる人はいない。

子どもはもちろんのこと、

大人もそうです。

 

できないことにイライラしていませんか?

わからないことにイライラしていませんか?

 

私もかなりこんなことを思っていました。

 

「自分がやっているのに何でやってくれないの?」

という思い。

 

その時にみえた自分の心は、

自分と同じだけやってくれるだろうと思う期待

自分の心をわかってくれてるだろうと思う期待

察して扉をあけてくれるだろうと思う期待

たくさんの“期待”があったということに気づきました。

 

 

期待する

 ↓

期待通りの対応をしてくれない

 ↓

ムカツク

イライラする

わかってもらえないと諦める…

 

そんな条件反射を延々やっているのだということに!

 

自分がイライラしたり、

ムカついたり、

諦めたり、

泣きそうになったり、

苦しくなったり、

死んでしまいたいと思ったり、

殺してやりたいと思ったり、

そんな感情が生まれた時には、

1歩立ち止まって自分の心をみてほしいのです。

 

そこには“期待”が潜んでいることを。

自分が思いもしなかった自分の感情があることを。

 

反応してしまう『ボタン』が仕込まれています。

その『ボタン』を押される時に発動してしまう感情があります。

 

その『ボタン』がどのように仕込まれたのか。

その『ボタン』は何なのか。

そのことがわかれば、

『ボタン』そのものを取り外すことも可能になります。

 

中々自分でみることは容易なことではありません。

ぜひ、気になる方は、一緒に『ボタン』探しをしましょう。

気になる方は以下よりご連絡くださいね!

→→ 問合せ ←←

 

人間はロボットではありません。

機械的な条件反射はやめましょう!

やめることができます。

過去に創られた『ボタン』を外した時に

もっと大きな“感情”を創ることができます。

“期待”で動かされるのではなく、

もっと豊かな“感情”を育てていけるのです。

高貴な高級な“感情”をもって、

毎日美しい涙を流すことができるのです。

 

人は進化し続けます。

今は特に今までとは大きく変わる時代。

21世紀の人間として、出会いたいのです。

新しい時代を始めるためにー。

f:id:CreativeField:20190318234108j:plain

 

3月、何をSTOPしますかー

3月になりましたね。

3月と言えば、何を思いますか?

やはり、『卒業』でしょうか?

新しく始まる春に向けて、

明確にSTOPをする季節。

いろんなドラマが生まれそうですね。

f:id:CreativeField:20190318225019j:plain

 

3月2日から韓国にて、「観術リーダーシップ研修」を開催しました。

2015年からスタートした本研修も今回で14回を迎えることになりました。

 

ご参加いただくみなさんによって、毎回、内容も場も進化し続けていることを感じます。

伝える内容はずっと変わらず一貫したものなのに、

表現が変わることによってイメージのしやすさが大きく変わるのを感じます。

毎回、感動のライブをみせていただいているように感じます。

 

本研修の講師を担当しているのは、

nTech開発者のNoh Jesu氏。

明確に人間の観点の外に出て、

観点の外の世界を規定することに成功した方です。

f:id:CreativeField:20181126124315j:plain


 

2000年の時を経て

科学が進化し

表現の幅が広がり

多様なジャンルが体系化され

21世紀の今、

明確に『人間とは何か』という問いに答えを導くことに成功しています。

 

nTechの概要を感じることができるセミナーもあります。

www.nr-japan.co.jp

 

彼が書いているブログもあります。

blog.noh-jesu.com

 

 

AIが登場し、人間の身体が自然な状態ではなく、

加工されていく現代、

今のままでは、人間は、

「ホモデウス」にある「無能者階級」となってしまいます。

そんなデストピアしか描くことのできない世界に

大きく『NO』を突き出しているのが

Noh Jesu氏でもあります。

 

誰にも関係がある世界に入っていきます。

ぜひ、興味の幅を広げていただきたいと思います。

人間だったら誰もが平等な世界を描くことができる「ユートピア」を

一緒に創っていきましょう!

時間が足りない!と思う人が身に着けたらいい技術

2月も終わりですね。

今まで、1月から3月は本当に過ぎるのが早いと思っていましたが、

今年は、長い!!

そのくらい濃度濃く過ごさせていただいています。

f:id:CreativeField:20190227214721j:plain

 

そんな時は、アインシュタイン博士の相対性理論がピンときます。

時間・空間は存在固定するものではなく、

存在によって変化する、ということを強く感じます。

 

どんなEnergyをもって、どんなZero Spaceに集中するのか。

それを自分で設定することができるとしたら?

時間を捻出することができますよ!

集中力が半端ないことに気づきます!

f:id:CreativeField:20190227213006j:plain

 

 

みなさんはTask管理、マネジメントというのはどのようにされているでしょうか?

やることを書きだして、緊急度によって優先順位をつけますか?

あるいは、重要度から手を付けていきますか?

または、やりたいことからやりますか?

すぐに終わることでも、全てスケジュールに落としてから、スケジュール通りにやりますか?

それとも他にもっと効率的な方法がありますか?

(ぜひ、教えてほしいです…)

f:id:CreativeField:20190227215233j:plain


 

私は、やることが多々あってもなかなか“やる”という行動に

移しにくいことがありました。

やらないといけないことはわかってる。

でも、やる気がしない(笑

 

そんな時はどうするか。

 

やりません(笑

 

やらないというか、できないのです。

心がのらないので、かえって効率が悪くなります。

そんな経験ありませんか?

 

そんな状態の時は、究極なリラックス状態を創ります。

その状態でずっといるわけではありません。

どこかで「そろそろやらなきゃ」とか「いい加減やるか」とか思うようになっています。

その中でMAXの状態は「もうやらないとヤバイ!」という状態です(笑

危機を察知する能力はあるようです。

f:id:CreativeField:20190227220051j:plain

 

「やらない」から「やる」という状態になった時の集中力は半端ないです。

よく、こんなに早く終わるならもっと早くやっておけばよかったと思います。

そのくらい“あっ”という間に終わってしまうのです。

 

そこには自然に作用している『メカニズム』があるのです。

Energyの方向には、「出す」と「引っ張る」の2つの方向しかありません。

(そのものになってみたら、1つの“動き”しかないのですが、人間がもつ観点により2つの方向が生まれるのです)

 

その『メカニズム』に反することをやるから苦しむのです。

力が入るのです。

それにより、時間もかかって、効率が悪くなります。

 

私がその『メカニズム』がわかって、

自分の心の動きをみるようになった時、

「悩む」という行為が自然の流れであるということに気づきました。

 

Taskをこなす時も、自分の心の変化も『メカニズム』でみたら、

同じことが起こっています。

 

ただ、「入って」「出る」をやっているだけです。

どのくらいの、どのような意志のZero Spaceを設定するのか。

そこに無限大Energyが入っていくだけ。

無限大Energyが入ったら、それ以上は入らないので、全部出ます。

それを繰り返ししているのです。

 

1日の中にどのくらいの集中ポイント、勝負ポイントZero Spaceを設計することができるのか。

それを1週間、1か月、3か月、半年…

集中の度合い、勝負のポイント=Zero Spaceの設定をどのくらいもつのかによって、

濃度が濃い時間を過ごすことができますし、

1日を1か月、1年として使うことができるようになります。

 

時間が足りない!

と思う人は、自然の『メカニズム』を知るのがいいですよ。

ただ、知るだけでは使えないので、活用できる状態でもつことが必要です。

活用するためには、再現可能な状態が必要です。

再現するためには言語化すること、ビジュアル化できることが必要になります。

それを可能にする道具が発明されています!

 

それが何か!?

その道具は、“新しい言語”なのです。

今まで、人類が使ったことのない“言語”の開発です。

 

普段の生活の身の回りのことから、

目標計画を立てるまで。

また、人との共通認識を図ることまで

その言語だけで可能になります。

 

心の世界、イメージの世界はどうしても伝達することが難しいジャンルになります。

それさえも共有できてしまう画期的な道具です。

 

その道具を持てば、自分の中の整理はもちろん

人との関係性も大きく変わっていきますよ。

 

その道具とは?!

知りたい方はまずは、↓こちらをクリック↓

 

www.noh-jesu.com

最後までお読みいただきありがとうございました!

未来の子どもたちの笑顔のために

先日は、「日本」について、のイベントにお呼びいただきましたが、

今回は「教育」についてのイベントでワークショップのファシリテーターをさせていただきました。

f:id:CreativeField:20190303212758j:plain

 

大きなくくりの別ジャンルのようにみえそうですが、

私の中ではかなり繋がっています。

 

教育に対する定義の変革が

日本の大きなブランドになると確信しているからです。

 

日本の繊細さを感じることができる文化。

どこの国も欲しいと感じる美の感覚ではないでしょうか?

 

それを日本人は生まれた時からその環境下に育っているので、

「習慣」レベルで当然のこととなっているのです。

 

何に関心をもたれているのか

何をすごいと思われているのか

なかなか客観視することが難しい状況にあるのではないでしょうか。

 

 

中国人の日本での「爆買い」が話題になって久しいですが、

それが今は落ち着いて、

今は日本に「学び」に来る人が増加しているということでした。

 

特に、子どもの教育に関しては、お金をおしまない。

1人っ子政策が解除されたと言っても、2人までという制限がある中で、

子どもに良い教育を。と思う人が多いようです。

「学ぶ」ということのイメージが違うのでしょう。

f:id:CreativeField:20190303213006j:plain



今回のイベントに呼ばれ、いろいろ調べてみる中で、

英語やフランス語等の“教育”の語源が「引き出す」「引き上げる」という説があるそうです。

彼らは、教育とは本来、中にある能力を引き出すものと考えるのでしょう。

その背景を知った日本が、今までの「外から与え、詰め込む」という教育の在り方を見直すようになったようです。

 

果たして、そのような教育がメジャーになっているのでしょうか?

 

今、新たな教育として、「認識技術・nTech」をお伝えしているのですが、

これは、「与える」でも「引き出す」でもなく、

「元に戻る」「出発に還る」というものだと思っています。

 

人間が他の動物とは全く違う存在である理由と

AIが真似できない領域の世界をもつことができること

両方を説明することができるものでもあります。

 

今までどこにも教えられていない、

伝えられていない、

日本オリジナルの教育です。

 

それを日本のブランドの1つにしたいと思っています。

他国でも、得に西洋の現実を追求してきた世界の人が

今一番ほしい内容でもあるからです。

人類が到達したい世界の内容でもあるからです。

人間が大きく変化するべき時代に生きているからです。

 

西洋の創ってきたものを受け入れ学ぶ時代から、

東洋から生産し、発信する時代へ。

更に、相互の良さを活かし、

Win-Win、All-Winができる時代へ。

f:id:CreativeField:20190303214259j:plain

 

今ここ、日本から変化を起こしていきたいのです。

新しく生まれてくる子どもたちに

どんな希望をプレゼントできますか?

どんな美しい未来をみせてあげることができますか?

どんな夢を描くようにさせてあげられますか?

どんな時代を生きるようにさせてあげられますか?

 

未来の子どもたちの笑顔がみえますか。

Next JAPAN “美しい日本” ~イベント参加の感想~

少しずつ春の訪れを感じる今日この頃。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

f:id:CreativeField:20190218233824j:plain

 

 

私は、先日「美しい日本Re・rise協会創建準備委員会」の代表の福井さんに呼んでいただき、イベントに参加させていただきました。

 

以前、2020年の東京オリンピックを迎えるにあたり、

世界中の人が知っている“東京”に来てもらって、

何を持って帰ってもらうのか、

ということを考えませんか?

という思いで

“次の日本を創ろう!”

というテーマで朝活をしていた時に会に参加され、

その時にやったコミュニケーションワークがよかったので

ぜひやってほしい、ということで今回の場に呼んでいただきました。

 

creative-field.hatenadiary.com

 

ワークも参加されたみなさまが

本当に楽しそうに、

集中して取り組んでくださり、

大盛り上がりでした。

 

また、代表の福井さんのお話もとてもためになり、

また、日本の“美しさ”と言える所以も聞いて、

とても納得しました!

目からウロコ!!

f:id:CreativeField:20190218234419j:plain

 

日本人の美の倫理として、

『善悪』という判断を『美醜』でする

というお話がありました。

 

本来、日本人の善悪の基準になっていたものが

『美意識』だと言われていたのだそうです。

 

日本人の行動を律しているのは、

何が美しいか、

何をすると醜いか、

ということで、同時に

どう生きる(死ぬ)のが美しいか、

という意識だそうです。

 

他人に迷惑をかけないように

ということは親だけではなく、

日本社会全体で言われていることではないでしょうか。

 

他人への迷惑。

そこの基準にも『醜い』ということが『迷惑』とつながっている感じもします。

 

慎ましく生きることを美徳としている日本の文化がどことなくまだ残っています。

私もこのイメージが強くありました。

 

和を乱すこと

自分だけが、という姿勢をみせること

目立つこと

…etc

 

今、日本が足りない、弱いと感じるところが

全て、『醜い』と判断され、

避けてこられたところではないかと思います。

 

日本人の“美”の価値観の変化が必要な時だと感じます。

 

今までの日本人が思う“美しい”とされたきたこと。

それがグローバル化された現代には

通用しない部分が少々あるような気がします。

 

しっかりと自己主張できること

リーダーシップをとれること

全体をまとめることができること

 

全体に合わせる感覚がある日本人だからこそ

今までのその『美徳』が生かされる

新しい人間の在り方を提示できるような気がしています。

 

全体性を持った個人。

今の時代に求められている人間像です。

 

日本の今までの価値観を上昇させていくためにも

一旦、今までの価値観からの脱皮が必要と感じています。

 

Next JAPAN』に行くために、

今までのクローズ界を完了させ、

次のクローズ界を立ち上げる時。

 

ぜひ、そんな美しい日本への再生にご興味がある方は、

ご連絡ください。

代表の福井さんをご紹介します。

 

新しい、美しい日本を世界へ!

2020年まで時間がありません。

共に創っていきましょう!

 

↓お問合せはこちらから↓

お問合せフォーム

 

この現実が「ホログラム」であるということ

2月が始まりました!

暖かくなったり、急に寒くなったり…

体調管理にはお気をつけてくださいね。

f:id:CreativeField:20190207162906j:plain

 

久しぶりにセミナーを受講してきました。

受講したのは「Noh Jesu Industry5.0セミナー」というセミナーです。

ものすごい最先端の“Technology”だということがわかりました。

それも、人間の変化に直接つながる技術です。

 

 

セミナー全体が“質問”→“答え”という流れで整理されていることがみえたら、

何と美しい流れなのか、

どれだけ智恵のある内容の整理なのか、

ということがうかがえます。

 

何よりも、

共通の“スタートライン”に立つことに案内していくのですが、

本当に“共通”なのです!

これが本当にすごい!!

 

格差を生み出すことを許さない

究極の共通であり、

究極の平等

なのです。

 

そこに至るための論理展開の道筋。

ゴールに向うにつれ、

1つずつ解明されていくセミナーの流れが本当にアートです。

 

「だからあのことが必要だったのか」

 

という後になって、全てがつながっていく内容になっています。

全てがその段階で語る必要のある内容になっているので、

内容について、流れについて、疑問や不信を持った状態では、

繋がりがみえにくくなります。

f:id:CreativeField:20190207165047j:plain


 

3日間である必要や意味がわかるのは、3日目。

ぜひ、誰もが手に入れてほしいと思う技術です。

いきなり3日が難しい方は、1日で“概要”をお伝えしている

Noh Jesu 1dayセミナー」がありますので、

どんな内容を話すのか、先に聞いたらいいと思います。

www.youtube.com

 

今からの時代、

本当に知るべきことの基本は

この現実が「ホログラム宇宙」であるということ。

私たちが生きているこの現実が「ホログラム」であるということが

明確にわかったら、

考え方、生き方、思い方、行動すること…

すべてが変わりますよ!

 

多くの人とこの内容を共有していきたいと思います。

ぜひ、興味関心を持っていただけたらと思います。

本当に楽しい3日間でした!

出会いが人生を創る

2019年も始まって、1か月が経とうとしています。

みなさんは、新年の目標は設定されましたか?

 

今年は全体的に暖かかったですが、大寒波!

やはり寒いですね…

 

新しいことを始めるにも

そこに向かう準備をするにも

この1月2月3月は大切にしたいですね。

 

f:id:CreativeField:20190126232427j:plain

 

春がくる前、いつも思い出すことがあります。

高校卒業前のこと。

高校3年の秋ごろから、友達とうまくいかなくなったことがありました。

急に友達が話をしなくなったのです。

小中学生の頃のいわゆる「無視」というのとは少し違います。

話すことはするのです。

一緒にもいるのです。

 

でも、何かが違う…

 

私は、「何があったのか」、「話してほしい」ということを訴えたのですが、

特に何かあったというわけではないというのです。

 

未だにあの時の彼女のこと、一緒にいた友達のこと、

何があったのか

何を「変わった」と感じたのか

わからないのです。

 

 

そんな状態だったので、

私は高校3年の受験前、高校に行っても午前中で帰る等

行かなくなっていました。

(かと言って家で何をしていたのかも覚えていませんが…)

 

受験勉強もまともにしていません。

 

そんな状態の中、一度はあきらめかけた“大学受験”。

初めて、先の進路がみえないことへ不安を感じたのを今でも覚えています。

そこで選択したのが「みんなと一緒に…」

大学受験を選択し直しました。

f:id:CreativeField:20190126232620j:plain

 

何の夢もない。

行きたい所もない。

やりたいこともない。

どんな人生を送りたいか。

どんな大人になりたいか。

 

理想も希望も持ち合わせない高校生の自分がいました。

その時の人生の焦りが今までで一番強烈だったと思います。

 

その頃に

希望をみせてくれる大人と出会えていたら。

美しい日本を教えてくれる人がいたら。

人間の美しさ、偉大さを教えてくれる教育があれば。

何かが違う選択になっていたのかな。

 

でも、そんな1つ1つの選択に後悔はありません。

人に依存して

人に言われて

人の指示通りに

生きてきたものではないと思うから。

 

少ない情報の中で

自分の感覚を頼りに

その時の自分なりの精一杯で

選択してきた道だと思うから。

 

人生の岐路に立つ時は、

人生において何度かあると思う。

その中で、“自分が選択した”と思うことが大事だと思います。

周りの人に意見をもらったとしても、

最終的に選択するのは“自分自身”です。

誰のせいでもない、

誰のものでもない

自分の人生を

自分の力で選択できますように…

 

そんな当たり前のことが

当たり前にできる世の中になりますように。

 

そこに必要なのは、

『絶対基準』だと思うのです。

私もずっとそれが欲しかった。

 

「誰に何を言われても 私が選択したのだから」

ということを

自信をもって

確信をもって

プライドをもって

言いたかったから。

f:id:CreativeField:20190126232715j:plain

 

 

お釈迦様が亡くなる時に残した言葉

【法灯明 自灯明】

 

そのどんな条件でも変わることのない

絶対的な世界のイメージを。

真理を。

自分の中にもつ時代。

 

他人にも、自分にも、環境にも依存しない。

絶対にブレることのない軸を持つことができる知恵。

それが当たり前になる時代が来ていると感じています。

 

確信をもって生きることができる答えはあります!

そのことを知る最後の質問について、

書いていきます。

何かピンとくることがあれば、

ぜひご連絡くださいね。

今の時代を生きる全ての人と

新しい時代を創り、みていきたいと思っています。