Creative of Zero Space

Creative of Zero Space

存在させている“みえない背景”にスポットを当てて書いていきたいと思います!

アメリカで『JAPAN MISSION』を語る韓国人の話

今年は、梅雨時期が長く感じ

とても寒い6月7月だったなと思います。

ようやく梅雨が明けたようですね。

体調がおかしくなるくらいの

暑さが始まります。

みなさま、どうぞご自愛くださいね!

f:id:CreativeField:20190729150219j:plain

 

 

先週から吉本興業のニュースに関心が行き、

日本の象徴とも言える状況が

繰り広げられてきたな、

と感じた方も多くいらしたのではないでしょうか。

 

吉本興業という社名は

もはや、日本のブランドを背負っている会社になっています。

 

大阪の企業家ミュージアムに行った際に

戦後の日本の復興と日本人のモチベーションにも

一役を担う一大企業ではないでしょうか。

 

大阪中心の企業がどんどん東京に本社を移す中、

本企業も東京で大躍進を遂げ、

今、誰もが知っている大企業へと

成長されたことと感じています。

 

所属芸人のウソの公言に端を発した問題で

企業内の問題を露呈する結果になってしまった本件ですが、

私は、この企業(組織)に関わる人が

この組織を何とかしたい思いで

発信し、動いている姿をみて、

 

人が組織を創るんだ

 

ということを本当に感じました。

 

大きな組織になればなるほど、

その組織に所属することがステータスにもなり、

自身の身分を証明するものになる。

言ってみたら、

それが古き良き日本の風習だったと思います。

「大手に行けば安心、安定…」

 

だけど、

今回の一連の流れを通して、

人が組織を創っていくんだということ

人が組織になるんだということを感じました。

 

今までの日本の姿が

崩壊していく、

新しい日本に生まれ変わろうとする

象徴のようにも感じました。

 

f:id:CreativeField:20190729151511j:plain

 

同じ目的に向かって、

一人ひとりができる方向から進んでいく

その姿は美しいと思います。

 

1つの事象を

どのように観て、

解析して、

表現するのかによって、

 

勇気を与えることにもなるし、

不安を煽ることにもなるし、

希望をみせることにもなるし、

不快を生み出すことにもなる。

 

批判をすることで

日本が変わるなら、

批判をし続ければいい。

 

批難をすることで、

日本が世界に誇れる国になるなら、

批難すればいい。

 

今は“令和”

時代はグローバル化されているこの時代に

日本が自国のことだけに目を向け

批判、批難が殺到するメディアを流し

この国を創っていく国民を

どこに向かわせようとするのか。

大多数の意識を変えることができる権利を持っている人は

よりよい未来のために

世界のために

もっともっと広い視点で

智恵を使って

情報の発信をしていただきいと思います。

 

全てが起きている現状、事象は

裏に原因があります。

 

そこに目を向けずして、

問題解決はありえないのです。

 

そんな日本国内で

1企業の内部闘争のような報道しかされていない中で、

 

アメリカで『JAPAN MISSION』を語った韓国人がいます。

 

それだけでも面白いニュースになると思うのですが…

日本が世界のリーダーになるべき!

と思って日々活動している韓国人がいることを知っていただきたいです。

 

もっと、メディアで紹介してほしいです。

そんな彼が、Youtubeチャンネル始めました!

ぜひ、チャンネル登録お願いします!!

www.youtube.com

 

 

日本のGameを始めよう!

前回、

”の数式化に成功した人物として

韓国人のNoh Jesu氏を紹介しました。

creative-field.hatenadiary.com

 

今日は、

5月から新しく元号が変わった日本に対して

応援とも言える

『令和』哲学を提唱している

“令和哲学者”としての彼を紹介したいと思います。

f:id:CreativeField:20190716135441j:plain

 

 

世界でも教育に取り入れたいと思われている

日本人の独特の“感覚”。

 

この感覚に関して、

今まで言語化、システム化して

伝達、共有することができていないのではないかと思います。

 

様々な方法を通して

“感じましょう”とすることが

精一杯だったのではないでしょうか。

 

そのくらい、

私たち日本人には

習慣とされるくらい

当たり前の世界のことなのです。

 

それが

当たり前ではない、

と明確な教育体系として、

言語化しているのが

Noh Jesu氏でもあるのです。

 

 

“令和”という元号を使って、

様々な日本人の

“当たり前”がいかに当たり前ではないのかを

丁寧に説明、解析しているブログがあります。

 

blog.noh-jesu.com

 

日本人でも

「だからか!」と

思わずうなってしまう

その解析には

納得してしまう世界があります。

 

どのくらい

深い愛で

広い心で

“日本”という国を捉えているのか

伺える世界でもあります。

 

 

私たちは、

“日本”というイメージから出たことがないのです。

 

例えるなら、

深い落とし穴のような中に落ちてしまっている状態です。

その状態から、

自分の現在地を伝えることは容易ではないのです。

f:id:CreativeField:20190716144914j:plain

 

どんな場所にあるものなのか

周りからみたらどのようにみえているのか

どのくらいの深さがあるのか

どのくらいの広さなのか

…など

 

その穴から出て初めて、

上記のようなことがみえてきます。

 

私たちは、

生まれた時から知っている

“日本”というイメージから

出たことがないのです。

 

落とし穴にいることが当たり前すぎて、

その穴に落としてくれるものが全て

落としてくれる人が主人

その穴以外の世界があることをみせてくれないことに

不満や不信を抱くことがないのです。

 

 

ですが、

日本の侍に憧れ

日本の文化に魅せられ

日本人を尊敬していた人物が

 

そこにみたのは

穴に落ちたままの日本

傷ついた大和魂でした。

 

そこで彼は思うのです。

 

ー日本のHealingが必要だ、と。

 

 

そこから、

日本人一人ひとりを穴から出して、

どんな場所にいたのか

なぜ、その穴に落ちてしまったのか

その穴の中で何を蓄積し

何をしてきたのか

 

それらを

1つずつ整理し、

伝えてきました。

 

穴から出てきた日本人が

少しずつ増えてきた中で、

 

「ここからは日本のGameを始めよう」

 

と言っているのです。

 

『令和』と新元号の中にみえる

世界を平和に導く

新しい哲学

 

その世界を感じていただきたいのです。

ぜひ、

穴から“出た”日本人の1人として。

そうしたら、

彼の言っている世界に触れることができます。

 

何より、

そこに反応することができます。

 

「日本のGame」とは何か。

気になった方は、

8月25日に大阪にお越しください!

既に始まっている

新しい日本の動きを

ぜひ感じてください。

www.facebook.com

 

そして、

「日本のGame」を

共に始めていきましょう!

人類の探求した叡智の答えは日本にある!

7月に入りましたね。

ここ近年では珍しく雨が続いています。

 

『梅雨』という季節を味わうことができる

貴重な時間でもありますね。

それにしても、寒い!!

 

f:id:CreativeField:20190716005326j:plain

 

さて、2019年も半分が終わりました。

いよいよ、来年、東京オリンピックが始まります!

 

世界中から日本に

東京に人が集まってくる中で、

今の日本にどんな期待や感動を

世界中の人に与えることができるのでしょうか?

 

 

 

一日本人として、

日本が世界に誇るポイントを

いくつ挙げることができますか?

f:id:CreativeField:20190716005525j:plain


  

私自身、

日本に対して興味をもつこともありませんでした。

 

また、日本に対してよくわかっていませんでした。

 

でも、

世界の有名な土地に行くよりも

日本全国の有名なところに行きたいと

ずっと思っていました。

 

 

何かを無意識に感じていたのだと思います。

 

 

そんな状態の私のでも

今は、日本の誇れることを

たくさん挙げることができるようになりました。

 

 

 

その中で

一番強く思うこと。

 

 

 

世界中の人が、

今までの人類が、

 

探し求めてた究極の答えは

日本にしかない!

 

 

ということ。

 

 

2000年前の神という抽象的な概念で世界を整理していた時代から、

知の爆発が起きて、

学問が発展してきて、

現代まで真理の探究をしてきた人類です。

 

 

最先端の学問は、

すべて西洋が主導で追及が行われてきている中、

究極の真理に対するDefineは、

日本にしかできない、

ということがわかりました。

 

 

 

その概念自体が

日本人が知らない間に持っていた

イメージだからです。

 

f:id:CreativeField:20190716005825j:plain

 

 

 それが“”という概念。

 

”とは何か?

ということを明確に答えることができる日本人も少ないのではないでしょうか?

 

そのことに気づかせてくれたのは

実は、日本人ではなく、

韓国人だったのです。

 

彼は、

”という概念を

数式化することに成功しました。

 

そのことによって、

誰もがイメージすることを可能にしたのです。

 

すごい偉業であり、

すごい発明だと思うのです。

 

 

その“”の数式化が

 

0=∞=1

 

奇跡の数式です。

とても美しい数式だと感じませんか?

 

その“”の数式化に

成功した人物

私に日本のすばらしさに気づかせてくれた人物

私が日本に誇りを持つようにしてくれた人物

 

その韓国人が

Noh Jesu氏です。

 

 

彼がどのくらい広く深い視野を持って

日本をみているのか、

そのことに

多くの日本人と共有したいのです。

 

彼は、

反日嫌韓の海の中、

23年間1ミリのブレもなく

『JAPAN MISSION』を語ってきたのです。

 

その語る姿をみて、

日本人である私が

「日本人に直接話しても難しいので、

外から逆輸入した方が早いと思います」

と言ったことがあります。

 

それでも彼は、

「でも日本人が目覚めることが大事だから」

と根気強く

少しでも興味を持つ人一人ひとりと向き合ってきました。

 

 

中からも外からも

彼のやり方に対して

否定的な批判的意見を言う人は

いつの時代もいました。

 

それでも彼は

投げ出さず、諦めず、

タイミングをみながら

今日までやり続けています。

 

1つのチャンスとして

2020年東京オリンピック

 

世界を変化させていくキーである日本!

私たち日本人が

いつまでも日本の中で日本と世界をみるのか

 

外の観点を借りて、

私たちが外に出て、

日本と世界を客観的にみるのか

 

私たち日本人が

このチャンスを活かすのか、殺すのかー

 

世界の大きな変化を

どんな方向に移動させるのか、

日本人の目覚めにかかっている、

そんな彼の懇切な意志を

どのようにしたら多くの日本人に届けることができるのか

 

日々、考えています。

 

まずは、知っていただきたい!

 

目で見ることができるものとして、

今日はブログを紹介します。

ページの右側にある動画

「【大ベストセラー「ホモ・デウス」「なぜ世界は存在しないのか」「レディ・プレイヤー1」をnTechを使って解析してみました】」

 

 をぜひご覧ください。

最終の答えが日本にあるといった背景を感じていただけると思います。

blog.noh-jesu.com

 

メンバー全員が主体性を持てた結果とは ~TPP2019の開催報告~

6月も後半戦に入って参りました!

梅雨も降ったと思ったら、

急に晴れたりと

なかなか安定しませんが。

 

そんな気分も晴天にさせるイベントが

6月15日に開催されました!

f:id:CreativeField:20190630231658j:plain

 

2002年からスタートしたTPP~Together for Peace Power~も

今年で18年目を迎えました!

 

私は当日、舞台周りのスタッフをさせていただきました。

 

長年、自らがイベントのディレクターとなって、

スタッフとのチームプレイを学ばせていただいてきましたが、

近年は、ディレクターを育てる観点で、

関わらせていただくことが増えました。

 

今回もディレクターと一緒に

スタッフとしての姿勢態度について

共に考えていきました。

 

リーダーのポジションをやればやるほど、

一番優先させるべきことは、

スタッフが楽しんでいるか否か

ということ。

 

どうしても同じ舞台を共有しても

指示されて動く状態と

自分も一緒に考えて動ける状態とでは、

モチベーションも変わりますし、

一緒に創ってるという思いも変わります。

 

チームプレイをする中で

重要なことは、

メンバー全員がリーダーの目線をもっていること。

そこまでメンバーの意識を持って行きたい思いがあります。

 

1つのイベントを立ち上げ、

運営していくということは

1つの組織を動かすのと同じことだと考えています。

チームプレイが必要な現場になります。

 

その時のメンバーが

主体的にそのイベントに創り手として参加していたら、

終了後の達成感に満ちた笑顔を確認することができます。

f:id:CreativeField:20190630231841j:plain

 

今年のイベントの企画内容は

100点満点でした!

それを創ったスタッフも

みんないい笑顔をしていました!

 

最高の令和元年の大型イベントを開催することができました。

詳細は、こちらの報告をご覧ください。

TPP2019_開催報告

 

また来年、更に大きくなって、

多くのみなさんと出会いたいと思います。

2020年もお楽しみにお待ちくださいね!

 

本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました♪

映画「キングダム」にみる現代に必要な個人の在り方の要素

6月も完全に半ばになってきましたね。

早いもので2019年も半年が過ぎようとしています。

 

前回予告した通り

今日は映画「キングダム」にみる

チームプレイについて

私も備忘も兼ねて書いていこうと思います。

どうぞお付き合いください。

f:id:CreativeField:20190617222810j:plain

 

もうすぐ上映が終了してしまいますので、

まだの方は映画館にお急ぎくださいね!

 

本作品の原作は読んだことがなかったのですが、

ファンの人も多く、名前はきいていました。

原作がお好きな方は、

映画についてどのように思われたのでしょうか。

感想を聞いてみたいですね。

 

中国の歴史に触れる作品は、

中国の「レッドクリフ」が印象に強く、

ものすごいスケール感で表現されているイメージがあります。

 

日本のディテールさを垣間見た本作品。

小さいところから大きく描く表現は「なるほど!」と感じるものがありました。

 

あまりひいきにみている俳優さんがいるわけではないのですが、

はまり役がもう少しあったのでは、

と思うのが正直な感想です。

(あくまで主観の世界ですので、悪しからず…)

 

本作品、とても興味深く鑑賞させていただきました。

チームプレイをするに必要な

①個人の知ってる世界から自由になる

②共通のVISIONをもつ

③各人のPositionの役割を全うする

ということが全て組み込まれていたと思います。

 

 

秦国の王になることは大望の「中華統一」のための一歩に過ぎないのです。

その大きなVisionに信のもつ「天下の大将軍」が共鳴していきます。

 

物語りの軸として、

1人ひとりの個性があり、

また、1人ひとりの成長も描きながら、

1つのVISIONに向かっていき、

意志を結束していく。

 

今の時代に必要かつ求められる作品だったように感じます。

 

これが今の日本にも起こっていく!

そんな予感がします。

無意識のブレーキと意識のアクセル③~チームプレーができる条件_後編

6月も半ばになり、いつの間にか梅雨に入ったそうで。

久しぶりの晴れの日。

いかがお過ごしでしょうか?

f:id:CreativeField:20190617222547j:plain

 

 

前々回から書いている「無意識エンジン」について。

今日は、

チームプレイができるようになったのはなぜか、

ということの後編を書いていきたいと思います。

 

前回は、

誰も私のことなんかわかってくれない!

と思いながら生きていた私が、

今はチームプレイが楽しめるようになったその理由の1つを書いていきました。

creative-field.hatenadiary.com 

今日は、その続きを書いていきたいと思います。

1人ひとりが様々な経験をして得た体験、知識から自由になることが

チームプレイをする中で重要なことであるということを前回伝えましたが、

それだけでは、チームプレイをするには不十分なのです。

 

最近話題になった映画「キングダム」をみてきました。

その中にもそのキーワードがありましたね!

 

何だと思いますか?

 

f:id:CreativeField:20190617222810j:plain

 

 

それは「共通のVISION」です。

全員に通ずるvisionが必要なのです。

なので、それが1部分にとって優位で

他の人にとっては不要なものであってはならないのです。

 

 

全体の夢や希望が共有化できることが必要なのです。

その為には、

そのvisionが小さきものであってはならないのです。

誰にとっても、その世界を具現化したいと思えるものでなければなりません。

 

逆に言えば、そのvisionが大きすぎるという人にとっても

チームプレイをすることは難しいのです。

 

やろうとすること、やっていることの

その先のVISIONをみせられること。

リーダーの要素にもなってくるかと思いますが、

それが誰もに共有できることが重要になってきます。

 

同じ目標をもって、

個人の枠を出て、

各自のPositionの役割を全うした時に

完全なチームプレイが楽しめる組織が可能になります。

 

映画「キングダム」で

そのチームプレイについてはわかりやすく

描かれていたと思います。

 

映画をみての感想等書いたことがないのですが、

次回そのことを使って、書いていきたいと思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

無意識のブレーキと意識のアクセル②~チームプレーができる条件_前編

6月になりました!
梅雨の季節ですが、
雨よりも先に夏が来そうなくらいのお天気ですね。

f:id:CreativeField:20190603190502j:plain

 


さて、
4月の末に書いた
「無意識のブレーキと意識のアクセル①~私の映画タイトル」
の続編を今日は書いていこうと思います。

creative-field.hatenadiary.com

前回は、
私が何度も反復しながら人との関係性をどのように構築してきたのか、
そのエンジン(アクセルとブレーキ)
そこからくる私の人生の映画タイトル
について書いてみました。


今日は、
そのエンジンを外して、
なぜ、チームプレーを楽しめる自分になったのか、
ということを整理していきたいと思いますので、
どうぞお付き合いください。

 


誰も私のことをわかってくれない
と思いながら、
見事にわかってくれない人たちを存在させていた私ですが、

そんな状況の中、
条件によって変わらない繋がりがほしい
本当に心から楽しめるチームプレーがしたい
とも思っていました。
(どうせ私のことわかってくれる人はいないよね、から出発するので、絶対にチームプレーを楽しめる状況にはならないのですが…)

 

その頃の私は仲間を創る今年よりも
一人でいて平気な状況を創ることに
集中していたかもしれないですね。

 

誰も助けてくれないのが当たり前

 ↓

だから、
全部自分でやらなければいけない

 ↓

手伝ってもらっても
(自分でやらなきゃいけないのに、手伝わせて)
ごめんなさいね

という論理展開でした。

それではチームプレーはできるはずがありません。

f:id:CreativeField:20190227220051j:plain

 


そこに、
私の固定概念を壊してくれるきっかけとなった言葉があります。

「手伝ってる側からしたら、
“ごめんなさい”よりも“ありがとう”の方がうれしいと思うよ」

当たり前の話だと思われるかとおもいますが、
私にとっては衝撃的な一言でした。
その頃の私の中にはない概念。

 

手伝わせてるのに
“ありがとう”...
(そもそも「手伝わせてる」から違いますが...笑)

 


そこから少しずつ私の中の“私という範囲”が変わってきます。

 

私、と言えば
この身体の範囲を「私(自分)」だと思うのが普通だと思います。

だけど、この身体の範囲が「私」ではないのです。

チームプレーをするためには、
そのことに気づき、
本当の「自分」を知ることが第1条件なのです。

なぜ、チームプレーができないのか。
条件によって変化しない仲間を持つことができないのか。

 

それは、端的に言えば
1人ひとりが「知っている世界から自由」になれないからです。

みんなそれぞれに持っている「こうあるべき“ねば、べき”」があるのです。
そのことを探っていけば、
相手に対する“期待”があるのです。

更に、その“期待”の背景にあるものは、
“本能、欲求”なのです。

f:id:CreativeField:20190603191540j:plain

 

そこから、
人間はあらゆることにおいて、
「こうあるべき、こうするべき、こうやらねば、こうあらねば」
という絶対そうだろう、というものを蓄積していきます。

その1人ひとりがもっているあらゆる情報知識から創られた
「ねば、べき」から自由になれないので、
自分自身も苦しいし、
相手も苦しめる。
関係性も築けないし、
チームプレーができないのです。

チームプレーをするための第1の条件としては、
一人ひとりが持つ
「知っている世界から自由」になることが必須項目に挙げられるのです。

 

そのことを私は、
nTechと出会って明確に突破することができました。

チームプレーをするためには、
それだけでは不十分になります。
1人ひとりが知っている世界から自由になった上で、
次に必要なことがあるのです。

その第2の条件については、
次回に書いていきます。


今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!