Creative of Next JAPAN

2020年に向けて、次の日本を創ろう!

毎日の生活に「このままでいいのかな」と思っている方へ

毎日暑い日が続いていますね。

いかがお過ごしでしょうか。

f:id:CreativeField:20180730005306j:plain

 

先日、お久しぶりに朝活を開催しました。

「次の日本を考えよう」というテーマで開催した会でしたが、みなさんとても楽しかったようでした。

その中で、数名の方から「いつもの生活が1パターン化して、何か沸々してました」とか、「こんなテーマを話たいと思っていたけど、そんなことを話せる人がいなかった」ということを言われました。

 

毎日同じことを繰り返して、「私の人生これでいいの?」と思っている人も実は多いのではないかと思います。

f:id:CreativeField:20180730005505j:plain

 

実は、私も昔はそうでした。

とても自己価値が低く自信が持てないでいました。

目の前にくることに一生懸命になっていました。その一生懸命さを買われ、リーダー的立場を任されることが多くありました。

 

その時に決まって言われることがあります。

それは、

「リーダー(部長、キャプテン)なんだから…」

という言葉です。

 

その立場に置かれたのに、その状態になれない私…

 

f:id:CreativeField:20180524164830j:plain

 

自分の中で、できない私、ダメな自分が蓄積されていきます。

「もっとできるようにならなければ」「もっと強くならなければ」「もっと…」が自分の中に増えていきます。

自己価値の低い私が更に自信をなくしていきます。

それとは裏腹にみんなをひっぱっていく立場を任せられます。

自己内格差は開く一方です。

 

自分をどんどん小さくさせていきます。

それはまるで、大空を自由に飛んでいた鳥が、窓から部屋の中に誤って入ってしまって、飛ぶことができる範囲が制限されていき、更に部屋のドアからトイレへともっと狭い空間に入り、出ることができなくなってしまった。

そんな鳥のように「自分」という存在が小さく小さく自分の考えの中の自分が本当の自分のようになっていきます。

 

空を見上げたら、空はどこまでも続いていて大きいのに、空からみた私なんて蟻よりも小さい存在なのになんでこんなに苦しいの?

とよく思っていました。

f:id:CreativeField:20180627141150j:plain

 

こんなに小さい自分は人からみたら存在していないのではないか、と思うこともありました。

今、通り過ぎた人には、私という存在が見えていないのではないか、と思うこともありました。

どんどん、どんどん自分という存在を自ら小さくしていきます。

 

でも、心のどこかで、「こんなもんじゃないだろ!もっとやれるはずだ!!」と叫ぶ自分がいるのです。

 

そうなると、苦しくなるのは自分の心です。

自分に対して、自信が持てなくなっている“自分”と

こんなもんじゃないだろ!もっとやれるはずだ!!と思う“自分”が

自分の中で戦うのです。

 

“自分”の考えも1つの方向を向いて協力してくれないのに、人とずっと続く関係性を創ることなんてできるわけがありません。

変わってしまう自分の心も信頼できない状態です。

f:id:CreativeField:20170412235241j:plain

 

 

そんな私が、条件や状況、環境、立場によっても変化しない不動の心をある技術を知ることによって手に入れることができたのです。

全てが条件によって変わってしまうバーチャルな世界であることが明確に府に落ちたのです。

 

今まで自分がみていた世界は自分が生み出した世界で、自分が創っていた宇宙であったということが理解できたのです。

 

なので、自分が創っていた宇宙を模様形はあるままで完全に消すことができたのです。

消すだけではなく、自由に立ち上げることができる作動原理までも手に入れることができたのです。

 

まるで、パソコンの電源が入っていない状態から、画面を立ち上げて、好きなアプリを使っているように、今この瞬間、宇宙を立ち上げて、自らみたい宇宙の状態にすることができるようになりました。

“自分”という枠から出ることができた時、言うなれば、狭い空間に入ってしまった鳥がもう一度外へ出て、大自由に空を飛び回ることができる状態に戻れた時、“自分”のことに執着して、“自分”のことだけを考えて、“自分”に意識がフォーカスしていたから、小さい自分を存在させて苦しんでいたんだ、ということがよくわかりました。

f:id:CreativeField:20180730010946j:plain

 

狭い空間から、外へ出ることができた鳥(今までの自分)の心はスッキリです。

大自由そのもの。

自分自身をどう規定してもいいのです。

 

スッキリしただけでなく、更に深い日本の心とも出会うことができました。

多くの日本人が持つ「人に迷惑をかけてはいけない」「自信が持てない」という感情は、その人個人が抱えるトラウマでもなく、両親の観点でもなく、『日本』が創った感情であったということがよくわかりました。

自分自身を過小評価し、自分を小さい存在として苦しめていたように、日本もまた、同じように過小評価され、小さい存在になるように追いやられていたのだということを知りました。

「醜いアヒルの子」という物語のように、本当は白鳥である日本が、戦争に負けることによって、アヒルと思わされてきたような状態です。

 f:id:CreativeField:20180730011033j:plain

 

「日本はアヒルじゃないんだ!本当は白鳥なんだ!!弱いふりをするな!」

もう一度立ち上がって!

 

 

日本がどのくらい勇敢な民族で、精神性も高く、賢い存在であるのか。

また、礼儀正しく、相手を思いやることができ、相手を汚さず、勝っても負けた相手を立たせることができる、誇り高い人種であること。

 

そして、日本は一度世界を救済した国でもあるということ。

日本が戦うことを拒んだら、白人優越主義が蔓延し、黒人、黄色人種は奴隷でしかなかった、ということ。

それを避けるためにやむを得ず応戦した。

そんな誇り高き民族である日本。

そこにプライドを持つようにさせてもらいました。

私は、日本に生まれた日本人ではなく“日本”だったんだ、と思いました。

 

 

そんな日本人以上に日本を理解し、愛し、尊厳を守って、日本人の奥深くの魂に「もう一度立ち上がって。世界を救済することができるのは日本しかない」ということを伝え、教えてくれたのは、実は日本人ではなく、韓国人であるNoh Jesuさんでした。

 

ご本人は韓国生まれの韓国育ちの生粋の韓国人です。

もちろん反日教育も受けている方です。

そんなNohさんが、新たな視点で日本をみた時に、自分が学んだこととは違う日本がみえてきたそうです。

 

彼の言葉は今の日本人には必要な言葉です。

世界が混とんとしている現代に日本人がそれを突破することができる唯一の希望であると語る彼の言葉を今を生きる日本人が無視することはできないことだと思っています。

私は、彼と出会い、次の日本をみせてもらいました。

日本に対して、プライドを持たせてもらいました。

彼から出る言葉1つひとつに日本の尊厳が守られています。

その彼のみている日本を日本人がイメージできるようにしていきたいと思っています。

 

それができれば、世界が変わります。

日本に学びにも来ます。

日本に住みたい人が今以上に増えます。

時代が戦いを終わりにさせ、愛で溢れる社会に入ります。

人類の第2ステージが始まります。

 

そのことがみえます。

なので、多くの日本人と共有したい。

世界に誇れる日本を創りたい。

これからの時代を生きる子どもたちが、毎日笑顔で愛で溢れる未来をプレゼントしたい。

 

その思いで活動しています。

 

自分のことを考え、自分にはまるから苦しくなります。

自分という枠を広げ日本のことを友に考える仲間がほしいのです。

 

未来は変わる!

必ず変わる!!

そう確信して、発信しながら、出会う一人ひとりのご縁を大切に結ばせていただきたいと思っています。

 

日常が物足りない、このままでいいのかな、と思ったらチャンスです。

“自分”から出ましょう。そして“自分”の枠を広げましょう。

その変化のお手伝いをしたい、そのように思っています。

 

何か感じたら、ぜひコメントをいただきたいです。

ぜひお話をしましょう。

 

すべては、新しい未来を創造するために…

2020年、東京オリンピックの準備はできてますか?

この度の西日本の豪雨より被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心より お祈り申し上げます。
私も岡山県倉敷市の出身のため、連日のニュースがとても気になっております。


また、毎日暑い日が続いており、熱中症のことも気になります。
どうぞ、体調管理にご留意ください。

f:id:CreativeField:20180716170520j:plain

 

さて、本日は、かなりお久しぶりのイベントを開催しようと思っているので、そのお知らせです。

 


2020年の東京オリンピックまで後2年になりました。

日本がどこまでオリンピックを道具に日本のブランド化を考えられているのでしょうか。

せっかく世界から日本に集まってくるのに『日本からの発信』ができないのはもったいない!


ということで、今からの日本とは?次の日本とは?
ということを考えていく場を創りたいと思います。

 f:id:CreativeField:20180716181803j:plain

 

 

忙しくされている日常を一度立ち止まって、
今まで知っている“日本”というイメージから出て、
新しい“日本”というイメージを育ててみませんか。

 

今まで気付かなかった
日本の深さ
日本の美しさ
日本の勇ましさ
日本の逞しさ

など、多くの新しい日本と日本の可能性と出会えるかもしれません。


自分からも「出た」時に本当の自分がみえてきます。
同じように、今までのイメージの日本から「出た」時に
新しい日本のイメージと出会えます。

f:id:CreativeField:20180716181424j:plain

 

普段から考えてる人も
そんなこと考えもしなかった人も
イメージがある人もない人も
関心がある人もないけど今から持とうと思ってる人も
一緒に話ながらイメージを広げていきましょう!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【Let's Create the Next Japan!~2020年、次の日本を創ろう!~】


2020年東京オリンピック開催

いまや東京は“日本の中の東京”ではなく“世界の東京”になっています。

そんな誰もが知っている東京に
ただ人が集まるだけではもったいない!!

世界中の人が東京に集まって、何を持って帰ってもらうのか。
日本から世界に発信できるものとは何か。

次の日本について一緒に考えてみませんか。


私たちが普段当たり前にやっている行動や姿勢が
海外ではとても美しいことのように表現されることが多くあります。

今までのイメージの「日本」を出た時に
次の「日本」がみえてきます。

今までみえていなかった日本の美しさを一緒に探していきませんか。

===========================
<日時>
2018年7月22日(日)
9:00~11:00

<場所>
BOUL'ANGE 渋谷店 (ブール アンジュ)
東京都渋谷区渋谷1-14-11 ビーシーサロン渋谷1F

<参加費>
1,500円(モーニング代含む)

<申込み>
下記のフォームよりお申込みください
https://ssl.form-mailer.jp/fms/3f499ac6580719

===========================
次の新しい日本を一緒に創っていきましょう!
みなさまとの出会いを楽しみにしております♪

子どもたちの生きる未来を創るために

7月に入りましたね。

梅雨明けも宣言されましたが、雨がまた降り始めました。

九州から北上して大雨警報もありましたが、大丈夫でしょうか。

お気を付けください。

f:id:CreativeField:20180709150743j:plain

 

大阪に住んでいる妹とニュースがある毎に「そっちは大丈夫?」という連絡をするのですが、今回はそこから派生して、小学校の現状を垣間見ることがあったので、そのことについて考えていきたいと思いました。

 

6日の大雨のことから、警報が解除にならなかったら小学校が休みになる、という話になりました。

先日の地震の時も学校はお休みなったようで、私が「休みが増えるね」と連絡したところから、お兄ちゃんのクラスは学級崩壊があるから授業が遅れているという話になりました。

 

ん?学級崩壊?

 

私が大学になる頃にはやり始めたフレーズでした。

こんなに身近にあるなんて…と思って妹とLINEを続けていました。

 

そんな流れから、いろんな小学校の現状を聞くことができました。

f:id:CreativeField:20180507002449j:plain

 

まず、うるさくて授業にならないということから、小学校6年生の1クラス30人の教室に授業中先生が6人もいるそうです。

1部の生徒を注意しても他の生徒が話たりして、静かになることはないそうです。

先生も大変ですが、まじめに授業を受けようと思う生徒のストレスも半端ないように感じます。

 

始まりは、5年生の時に担任に不信感を持った生徒が先生に対して暴れだしたことのようです。

 

周りの大人に対する不信感から、自分を守ることが始まってくるという経緯を感じました。

「自分」を保たせるために、周りに対して自分の立ち位置を明確にする。

一番わかりやすいのは「力」をどのように誇示するか。

それには、弱そうな人を責めることから始まるのでしょう。

そして、次は自分がやられるかも、という恐怖を与え、そうならないように加害者側に付いていく。

そのようにして、知らない間に『スクールカースト』なるものが創られていく。

 

 

そもそものきっかけは、親からの十分の安心感、信頼感、安定感、愛が感じることができないことから始まっているように思います。

親がどんなイメージを持って子どもに接しているのかが重要です。

子どもの意識の範囲は大人が思っている世界とは大きく違います。

みえない世界でつながっています。つながった感覚を持っています。

とても敏感に親の変化を感じているものです。

私は今まで、お母さんの意識の変化によって、子どもが変わった様子を身近でみてきました。

全ては心です。

心は今ここつながっています。そのことを自らが感じ、そのことを伝えてあげていますか?

 

今までの身体の範囲を人間と認識したら、どれだけ言葉で伝えてもイメージは子どもに伝わってしまいます。

 

いかに『敵はいない』ということを教えてあげるのか、ということが重要だと思います。

f:id:CreativeField:20180610162057j:plain

 

今は時代が大きく変わっています。

そんな時代に生まれている子どもたちは、今までの人間ではないと思っています。

新人類です。

 

その新人類に今までの私たちが認識できる範囲の枠に収めようとしているのです。

そこにギャップが生まれないわけはありません。

そこにひずみが生まれないわけはありません。

そこに抵抗が生まれないわけはありません。

 

全てを1から見直す、そんな時代になってきているのです。

今までのイメージできる範囲の中に新しい発見はありません。

概念を超えたところにあるのが発見です。

f:id:CreativeField:20180709151108j:plain

 

今、私たちは自らの認識の範囲を広げる必要があるのです。

私たちが認識できる範囲はどこまでなのか?

そのことさえも知らないのです。

その認識できる世界がわかれば、その認識の範囲の外を知ることができます。

その外があることがわかれば、外に出ることができます。

 

 

そのことをわかりやすく伝えているセミナーがあります。

質問タイムも設けています。

こちらをご覧ください。

Noh Jesu 1Dayセミナー | NR JAPAN株式会社 -認識が世界を変える-

 

ぜひ、関心を持っていただき、自らのイメージの範囲を広げてほしいと思います。

 f:id:CreativeField:20180709151320j:plain

 

新人類である子どもたちの可能性を無限大広げることができる社会を創りたいと思っています。

1人の変化が大きな変化の一歩になります。

どうぞ、ご関心を持っていただき、その一歩を歩む勇気ある1人があなたでありますように。

人間は“変化する”と思った瞬間、変化できる

みなさんは自分の性格は〇十年をかけて創ってきたものだから、“変わらない”と思いますか?

それとも、明確に仕組みまでもわかって“変えることができる”と思いますか?

 

私は、20代前半くらいまで、前者でした。

実際に「20数年この性格で生きてきたので変われません」と言ったこともあります。

でも、今は間違いなく後者です。

人はいくつからでも変われる。年齢は関係ない。“変わりたい”と思った瞬間から変化が始まっていることがわかります。

それは、明確に「変化の仕組み」がわかるからです。

 

私がなぜ、そのような気持ちの変化がおきたのか、今日は書いておこうと思います。

f:id:CreativeField:20180627140250j:plain

 

 

私は、2つ上の兄と3つ下の妹の真ん中、3人きょうだいで育ちました。

小さい頃、兄から

「ほしいものがないなら、これ買ってもらって」とか

「やりたいことないなら、これやって」とか、

「要らないなら、これちょうだい」

等言われて、自分で考えることができない人間になっていました。

自分がどうしたいかわからないまま、常に自分がやるべき答えがついてくるわけです。

 

 

私の中では、

考えることができない

何をしたいかわからない

何かモンモンとした状態

だったのです。

 

いつも兄の言われるがまま。

自分は何て小さい人間なんだろう。

自分がやりたいこともわからない。

自分が存在している目的、意味って何なんだろう。

そんな自分に対する自己価値も評価も低い存在を創り上げていました。

 

人に対して、興味もありません。

仲良くしたいとも思いません。

 

自分が我慢して、相手に合わせておけば、納得するならそうしてあげよう、みたいな人との付き合い方をしていました。

自分が言いたいことを言って、相手が私を嫌いになるならそれでもいい、と言いたい放題言っていた時もありました。

大切にしたいと思う関係性もなかったからです。

f:id:CreativeField:20180627141150j:plain

 

よく、空を見上げて思いました。

「空はどこまでも限りなく続いて大きくて、そこからみたら私はありよりも小さい存在なのに何でこんなに苦しいのだろうー」と。

 

あまりに自分に対する評価が低すぎて、周りの人には私が存在してないんじゃないかと思ったこともありました。

 

何でこんなに小さいのにこんなに苦しんだろう、

と、どんどん小さい自分の中に意識が入っていきました。

 

自分で死ぬことはできないから、事故とか起こらないかな。

いっそのこと地球ごと破壊されたらいいのに。

と思ったこともありました。

 

 

そんな状態でも、日々は過ぎていきます。

そんな状況から打破したい思いはもちろんあります。

でも、変化の仕方がわからないのです。

 

そんな中、兄の「〇〇だったら、これやったら」の提案が沢山きます。

勉強等のセミナーやビジネスの話をされたり、人を紹介されたり…

兄からみて、私は人生の迷子のように感じていたのだと思います。

そんなお勧めの中で、心理学のようなことも勉強してみたり、ネットワークビジネスもやってみたり、紹介してもらう人と会ったりしました。

そんな延長線上に今までのものとははるかにハードルが高い研修を紹介されたのです。

 

 

時間もかかるし、お金もかかる、今までのように合わせて「わかった」と答えられるものではありませんでしたが、悩み考えて、意を決してその研修を受けることにしました。

f:id:CreativeField:20180627142714j:plain

 

 

 

 

受けてみたら、それが大当たりでした!

とても濃度が濃く、同じ日数を過ごしたとは思えないくらい長くもあり、楽しかったのであっという間にも感じるほどでした。

 

 

何よりもすごかったのが、

“模様形があるままで、自分と自分の宇宙が完璧になくなること”

を経験したことです。

そして、スローモーションのように宇宙が成り立つ仕組みが明確にみえたのです。

 

今ある現象世界が完璧にほどけ、そこからどのように成り立っているのか、というほどけ方・結び方の仕組みが分かった時に今までの苦しみの原因が明確にわかりクリアになりました。

小さい自分を存在させていた、そんな自分もさようならです。

大自由そのもの、絶対比較できないそのものが自分であった、ということがわかり、スッッッッッッキリ!!です。

 f:id:CreativeField:20180627143759j:plain

 

 

自分がスッキリしただけでなく、新しい日本との出会いもありました。

自分が自分のことを過小評価して、自分の価値を小さくしていたように、

日本もまた、同じように過小評価され、価値を小さくさせられていたということに気づきました。

日本が本当はどのくらい強くて、勇気があって、美しく、可能性を秘めた国であるのかー。

そんな日本の偉大さと出会うことができました。

 

日本は可能性を秘めている、というだけでなく、

AIが台頭している現代の危機を解決するMissionをもっているということにも出会いました。

 

今まで、自分のことを考えることが忙しく、

日本のことなんて考えたこともなかった私が、

日本のこと、世界のことに目を向け、今の時代まで取り組んで、

未来を創造していく意志を持つことができるようにしてくれました。

 

 

日本の尊厳を守り、日本人一人ひとりにプライドを持つようにさせてくれたのが、実は、日本人ではなく、韓国人であるNoh Jesuさんでした。

 

 

私は、人はどんな時でもどんな状態でも変化できるということ。

人間は可能性そのもの、尊厳そのものであること。

人間がいかに偉大で、美しい存在であること。

これらのことを伝えることを通して、一人ひとりの変化を案内していきたと思っています。

 

そして、眠っている高貴な日本の精神を目覚めさせ、世界中が愛と信頼でつながれる未来文明を創っていきたいと思い、セミナー講師という立場、セミナー運営という立場を通して活動しています。

f:id:CreativeField:20180627144304j:plain

 

まずは、あなたの“変化したい”という意志の目覚めからです。

必ず変化ができる、その確信をもって、ご案内できますので、その意志が目覚めたら、ぜひご連絡ください。

 

未来の仲間との出会いを楽しみにしています。

リーダーが必ず持つべき『次元上昇した観点』とは

6月も後半に入ってきました。

もう少しで、2018年も半分を過ぎるわけです…

早いですね。

でも、同時に「あの事があったのはまだ今年のことなんだ」と思うくらい濃度の濃さも感じます。

f:id:CreativeField:20180620000053j:plain

 

さて、本ブログでは、前々回までLeadershipをとる中で知るべき大前提「観点の問題」があるということ。そして、その「観点の問題」を知らないばかりに翻弄されていたリーダーとしての苦悩を

『21世紀のリーダーが知るべき必須事項<観点の6つの対称性の問題>』と題して、6回に渡り細かくみてきました。

※詳細は各ブログをご覧ください。

 

<観点の6つの対称性の問題>

 

観点の非認知と認知の問題

観点の異質性と同質性の問題

観点の流動性と固定性の問題

観点の他発性と自発性の問題

観点の否定と肯定の問題

観点の不完全性と完全性の問題

 

 

「観点の問題」を知らないばかりにおきていたと思っていたこの問題も「観点の問題」を知れば解決できるのか、と言えば、②~⑥の問題があるので、知るだけは解決できません。

では、この各対称性で板挟みの状態をどのように解決できるのでしょうか。

 

そのヒントとして、毎回書いていたのが、アインシュタイン博士の言葉

『いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません』

(アインシュタイン150の言葉より)

なのです。

 

 

“その問題をつくりだした同じ意識では解決ができない”とあります。

今私たちが認識できている世界は空間3次元、時間1次元の4次元時空と言われています。

その意識内で創られている問題を解決できる答えはその意識内、つまり私たちが認識可能な4次元時空の中にはないということなのです。

 

そもそも“次元”とは何か、ということですが、次元とは

変化、移動可能な方向性の自由度を指します。

 

0次元(点)

1次元(線)

2次元(面)

3次元(立体)

 

このように次元が上がれば、変化、移動する自由度が上がっているのを感じていただけると思います。

また、次元が上がれば、その前までの次元も含んでいる、ということも重要なポイントです。

3次元になったら、その前の2、1、0次元の移動も可能です。

なので、次元が上がることを通して、自由度が増し、できることが増えていくというイメージです。

 

その次元上昇をどこに起こすのか、と言えば、私たちの“認識”に起こすのです。

 

 

再度、申し上げますが、私たちは3次元(立体)まで認識することが可能です。

今までの観点の問題は、その3次元認識によって生まれた結果です。

その問題を解決するためには、3次元認識では解決することはできないのです。

(もちろん、それ以下の次元でも解決はできませんよ)

 

 

ここから質問です。

では、3次元で生まれた観点の問題を解決するためには、どのように解決していけばよいでしょうか。

f:id:CreativeField:20180524165724j:plain

 

 

答えは簡単です。

そう。

次元を上げるしかないのです。

次元上昇をするしかないのです。

 

 

 

何の?

 

 

 

“観点”の次元上昇です。

 

 

では、どの方向に?

私たちの脳は3次元の立体までしか認識することができません。

その上の次元を認識するためにはどうしたらよいのでしょうか?

 f:id:CreativeField:20180620001925j:plain

 

 

それは、もう1次元上昇したイメージを得るしかないのです。

 

 

私たち人間が持っている5感覚と脳を使っては、3次元を認識できることが精いっぱいです。

なので、それだけではもう1次元上昇したイメージを獲得するためには不十分なのです。

そこには、新しい感覚をつける必要があります。

 

 

その感覚をつけるために、様々な人間開発がされていることもあるでしょうが、それを個人の感覚のレベルに任せていては、共有することができません。

また、その感覚を持てる人持てない人の格差が生まれてしまいます。

個人の感覚に任せていては、何が正解で何が間違いかわからないまま、多様化されてしまいます。

 

 

そんな抽象的な状態では、今の科学に相手もされません。

誰もが再現可能な状態でないと、科学とは認めてもらえません。それは哲学だと思うのです。

 

 

では、どうしたらよいでしょう? 

f:id:CreativeField:20180620002043j:plain

 

そこにいくには、明確な論理とイメージ、それを共有することのできる『新しい言語』が必要です。

『言語』についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

今までにある言語では、“次元上昇した観点”を語ることは無理なのです。

なぜなら、今まで私たちが普段使っている日本語(自然言語)では、形、存在があるものしか表現できないからです。

私たちが新たに持とうとする感覚は、今までのように“形、存在上がない”ものです。

ですから、今までにはない『新しい言語』が必要になります。

 

その『新しい言語』は既に発明されています。

その『言語』1つで、多様な世界を説明することが可能なのです。つまり、汎用性は無限大なのです。

 

 

シンプルな言語。それを【イメージ言語】と言っています。

その言語を持つことが、次元上昇した観点を持つことにもつながります。

 

その世界を語った本があります。

ぜひ、ご覧ください。

「宇宙一美しい奇跡の方式 0=∞=1」

 

 

また、その世界のイメージを多様な道具を使ってわかりやすくお伝えしているセミナーもあります。

ぜひ、ご興味をお持ちいただけたら幸いです。

認識セミナー

 

 

ぜひ、人との関係性をより深く創っていくためにも新しい感覚を持って、人との出会いをしていってほしいと思います。

コミュニケーションもシンプルになりますよ。

『目黒区の5歳児虐待死』を通して考える日本の方向性

連日のニュースで話題になっている5歳児の虐待死について、みなさんはどのように感じられていますか?

このニュースに関する多彩な方の意見も取り上げられているほど、注目されていますね。

mainichi.jp

 

稚拙ながら、保育士の資格を持ち、保育現場に少しですが携わらせていただく身として、やはり、このようなニュースは注視しますし、胸が苦しくなります。

 

事件になってからでは、ましては亡くなってからでは遅くはないでしょうか。

日本はどんどん少子高齢化になっていくなか、未来の日本を創る子どもたちは宝です。

その宝の種をなぜ、大人が握りつぶすことができるのでしょうか。

本当に悔しいです。

 

 

元々、家族がいた香川県から、移住先の東京都に連携していた、ということの経緯をみましたが、どうか、お互いに責任転嫁をしあうことはなく、一歩でもこのような悲惨なニュースが流れない国になるように、今ここから変化していただきたいのです。

 

 

本当は、今までの意識の中で創ってきた問題に対する答えは、その意識の中にはありません。

もし、同じ意識の中に答えがあったのなら、このような身分も力もない子どもが犠牲になることはないからです。

もっと早くに改善策をみつけられ、子どもだけでなく、ご両親も救うことができたはずだからです。

 

 

なので、今までにない、外からの発想を取り入れる勇気をもっていただきたいのです。

どうか、新しい時代に向かう時に、勇気ある日本に戻ってほしいのです。

 

この国はいつからか、チャレンジすることを怖がるようになっています。

新しいことを取り入れることに対して、恐怖心を持っています。

国全体の雰囲気がそうだから、国民一人ひとりがその状態であることは言うまでもないでしょう。

みえない情報に、権力に、雰囲気に、人の目に、恐怖しながら生きているのが私たち現代人ではないでしょうか。

 

 

そんな、みえない世界、力に怯え、本来の人間の良さも引き出せず、都合の良い人が創る世界にこのまま生きていきたいですか?

 

人間の尊厳が踏みにじられ、可能性も伸ばすどころかつぶされる教育しかされていない。

 

何かがおかしい!

何かが変わらなければ!

 

誰しもが無意識に感じている叫びだと私は思っています。

 

 

AIが台頭する時代。

変わらなければならない概念の1つが『人間観』です。

 

根底にある全てがつながっている状態から存在をみた時に、人間一人が誕生できることがどのくらい神秘で、どのくらい神聖なのか。また、何にも比較することができない尊厳そのものであるのか、ということがわかります。

 

それなのに、私たち人間は脳の認識により、全てから切り取られた一部分だけをとって、人間だと思っています。

身体の範囲を人間だと思って、周りの人より細い、太い、背が高い、低いなど外見による変化を創ろうとします。

(今回の事件も5歳の子どもの外見にこだわって食事を与えなかったということもありました)

matome.naver.jp

 

 

人間1人ひとりが尊厳そのもので認識され、尊厳がどんな条件や状況や環境にも侵されることのない社会を創っていきたいと心から思います。

 

併せて、今からの時代に必要な教育とは、新たな人間観を明確に打ち立て、人間がどのくらい偉大で、美しく、素晴らしい存在なのか、ということを教えることであると心の底から思っています。

f:id:CreativeField:20180610162057j:plain

 

 

“心の時代”と言われるようになって久しくなっている昨今。

世界から認められていた日本の精神性を今この時代に最新の教育として世界に発信していきましょう。

私は世界の見本になる日本を創っていきたいと思っています。

同じ志をお持ちの方、持ちたい方、ぜひ一緒に新しい日本を創っていきたいです。ご連絡ください。お待ちしています。

21世紀のリーダーが知るべき必須事項<観点の6つの対称性の問題⑥>

5月も残すところ後1週間を切りましたね。

最近、新年度を迎えたように思いましたが、あれから2か月が過ぎようとしています。

とても濃度が濃く、これを1か月でやったのか、と思うくらいの時間の使い方を経験しています。

時間は固定ではなく、心で延ばしたり縮めたりできることを感じます。

f:id:CreativeField:20180527172554j:plain

 

 

さて、本タイトル『21世紀のリーダーが知るべき必須事項<観点の6つの対称性の問題>』をシリーズとして書いていますが、ラストの対称性の問題となりました。

今までのものとつなげて考えていただけたら整理がしやすいと思います。

 

 

本ブログを書こうと思った背景として、私は、15年近く、研修やセミナーの運営責任者として、多くのセミナーや研修やイベントに携わらせていただいて来ました。

そこで、イベントやセミナーの規模や研修の形態によって、様々なLeadershipを学びながら創ってきました。

 

 

そこでみえてきたLeadershipとは、『situation(場)を設定できること』です。

このことについては、今後も整理していこうと思いますが、自らのsituation設定能力が大きく場の成功に影響を与えてきます。

リーダーがその設定が曖昧な状態だったら、曖昧の場ができますし、そこで一緒にプレーするメンバーも翻弄されてしまいます。

明確にその場を規定(situation設定)できたら、思った通りの場ができます。

幸い、イベントやセミナー、研修という参加者のビフォーアフターが明確な違いがみえるため、今回の場の設定が規定できていたのか、曖昧だったのかということが確認できます。

 

 

そのようなsituation設定ができるために、リーダーは大前提として「観点の問題」について知らなければならないのです。

更に、自らの『観点』をわかっておく必要があります。

その上で、メンバーの『観点』がみられたら、設計したsituation通りの現実が忠実に生まれてくれるでしょう。

situation設定能力を鍛えるためには、大前提として「観点の問題」を知ることは必須であり急務です。

 

観点によっておこる問題を整理すると6つの対称性で整理することができます。

それをシリーズ化して、1つひとつ細かくみてきました。

 

 

 <観点の6つの対称性の問題>

 

①観点の非認知と認知の問題

②観点の異質性と同質性の問題

③観点の流動性と固定性の問題

④観点の他発性と自発性の問題

⑤観点の否定と肯定の問題

⑥観点の不完全性と完全性の問題

 

 

そのラストとなる問題⑥「観点の不完全性と完全性の問題」について、本日は考えていきたいと思います。

 

そもそも観点(判断基準)が創られている背景をみた時、情報を処理する脳がそもそも不完全なのです。

そんな不完全な脳を軸にして、私たちは判断する基準を創っていたのです。

f:id:CreativeField:20180527172951j:plain

 

 

脳が不完全な状態で私たちにsettingされていることは下記の動画、または、NR1Dayセミナーで詳しく知ることができます。

 

動画:ここをクリック

NR1Dayセミナー:ここをクリック

 

そんな状態の脳を基準軸にしていては、正しく物事を判断すること、観察することはできません。

 

 

処理をしている脳が不完全であるので、正しく物事を判断する根拠がなくなってしまうのですが、そのことに気づかずに「完全だ」と思っているとどうでしょう。

他の観点を受け入れることができず、傲慢になってしまいますし、自分が絶対正しいという状態から抜けられませんので、頑固になり人の話が聞けなくなります。

リーダーをしていると無意識に「自分は完全である」と思って、メンバーを無理やり従わせたり、メンバーの観点を変化させようとしたりしてはいないでしょうか。

f:id:CreativeField:20180527173837j:plain

 

その状態で本当にお互いが気持ちよくTeamplayができると思いますか。

ここまで付いてきてくれているメンバーに感謝こそしても決して怒ることはできませんよね。

 

観点は不完全だと思ったら、自分の判断に自信が持てませんし、完全だと思っても傲慢になり人の話がきけません。

リーダーとして、自信のない判断を下すわけにはいきませんし、かと言って、傲慢に押さえつけるような態度をとっていてもメンバーが付いてきてくれないこともあります。

 

不完全でも問題、完全でも問題。

さて、この問題をどのように解決したらいいのでしょうか…

 

 

その答えが、アインシュタイン博士の残した言葉

『いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません』

(アインシュタイン150の言葉より)

に隠されています。

次回、お伝えしますね。

 

 

今回まで「観点の6つの対称性の問題」について書いてきました。

どっちに向いても問題は解決しない、常に板挟みの状態。

 

実は身近で頻繁に起こっているのがこの観点の問題です。

リーダーの立場を取る人なら、必ず知るべきことです。

今からの時代、誰もがLeadershipを発揮できる状態になることが必要な時代です。

独立した選択意思を持って、判断することが求められる時代だからです。

誰かに従う、誰かを従わせる。

そんな生き方をするのが人間ではありません。

 

AIが台頭する時代、人間の尊厳性を回復しなければならない時代です。

尊厳とは、比較不可能な世界です。唯一無二の存在として、お互いを認め合う、そんな時代が間もなく来ます。

ですから、この「観点の問題」は誰もが知るべきこととして周知されていかなければならない項目となります。

「観点の問題」を一早く知りたい方は、こちらのセミナーをお勧めいたします。

↓↓こちらのセミナー↓↓

NR1Dayセミナー | NR JAPAN株式会社 -認識が世界を変える-

 

共に21世紀のLeadershipについて考えていきましょう。