Creative of Next JAPAN

2020年に向けて、次の日本を創ろう!

個人主義の時代から日本の強みが活かされる時代の流れへ

クリスマスですね。

間もなく2018年も終わります。

世界的にも日本の中でも激動の1年となりましたね。

みなさまにとってどのような2018年となりましたか?

f:id:CreativeField:20181224223253j:plain

 

私にとってのこの1年間は、

今までの総まとめと今からの新しいステージの始まり

というイメージでした。

次の階に上る踊り場のような1年となりました。

 

 

私は幼少期の頃から、人の中に入っていくのが苦手な子どもだったようです。

幼稚園の頃は、1人でいるお友達に声をかけて遊んであげるということをしていたようです。

親が先生にそのように言われたとのことです。

 

自分から何かを決めてやるということは本当に苦手で、

友達がやるから、友達が言うから

という理由で一緒に何かをやっていました。

スポーツは好きで、きっかけは友達に連れられて、というものであっても、

やり始めるとのめり込んで、メンバーの一員になっていました。

実力はないけど、なんかレギュラーになっている、

そんな状況が多かったように思います。

 

チームプレーを体験できるものはとても好きでしたが、

ベースが人の輪に入っていくこともできないし、

自分が気になる人は1人でいる人なので、

どんどん個人プレーに入っていくようになります。

 

中学から始めたバドミントンも高校になった時には、

ダブルスを組む相手がいなくて、

シングルでの勝負をせざるを得なくなります。

 

そんな状況でもキャプテンや部長に推薦され、

実力もないのにいつもメンバーに入っている、

そんな状況が私の中で展開されていきます。

 

なので、自分の中では、

どんどん自分でやらないと、という思いも蓄積されていくのです。

リーダーになってもメンバーは言うことを聞いてくれない。

いつも怒られるのは私だけ。

私にとっては理不尽な注意です。

 

ますます誰も協力してくれない、

私が頑張らないと、

という思いが増していきます。

f:id:CreativeField:20181224225059j:plain


 

大学のある日、

何が大きなきっかけとなったのかは不明瞭ですが、

「誰も助けてくれない!

自分のことは自分でやらなきゃいけない!!」

という決断をしました。

 

自分でできて当たり前。

なので、人が手伝ってくれたら、「ごめんなさい」という言葉がでてきていました。

 

「ありがとう」ではなく

「ごめんなさい」です。

今思えば、言われた方もあまり良い気はしなかったでしょうね。

そのくらいどんどん個人で全てをこなすことが当たり前になっていったのです。

 

そんな私ですが、

仲間と1つの目的に向かって集中してやっていくということは好きです。

どのくらい、共通の目的、ビジョンに集中できたのかによって、

達成感も変わってきます。

その楽しみがセミナー運営のスタッフを通して再燃させてもらったのが

2018年でした。

 

どれだけメンバーが変わっても

得られる達成感は毎回ある。

 

その達成感をメンバー全員と共有したいし、

チームプレーの楽しみを誰もが得られる、

そんな場を創りたいという思いを抱いていたことに立ち戻らせてもらいました。

f:id:CreativeField:20181224225245j:plain

 

この場を創っていくという最高の仕事を

JobやTaskレベルに留めず、

どうやったらMission、Vocationレベルに昇華させることができるのか。

 

新たな職業を創っていきたいという思いにさせてもらった一年となりました。

 

 

平成最後の年となった2018年。

世界は激動の変化の時を迎えています。

 

人類が生み出した科学技術の特異点に向かって、

人間そのものが変わることを要求する時代になっています。

今までの職業も淘汰されていくものもあるでしょう。

その中で新たに生まれる職業も多くあるはずです。

 

今までの経済の延長の新しい職業ではなく、

全く別の経済大陸がみつかった時には、

今まで考えたことのない職業も生まれてくるはずです。

産業社会の中にIT社会の全く新しい大陸が開かれたように…

 

何が起きてもおかしくない時代。

人間自体が進化を遂げる時代。

そんな誰もみたことのない新しい時代の夜明けが

すぐそこまできているのを感じています。

f:id:CreativeField:20181224230708j:plain


 

もう一度、日本の戦後に負けを受け入れて、

モノづくりを通して復興したように

今まで乗ってきた西洋発のプレートに対して決別をして、

日本独自の日本の強みのチームプレーを活かした新たなプレートを

日本からスタートさせていきたいと思っています。

 

 

今からの時代は「コンテンツ」がキーワードです。

様々なコンテンツの中で

適用領域が広く

誰もが平等にでき

格差を生み出さない

そんなコンテンツを探していくべきです。

 

多様な情報に踊らされるのではなく、

1人ひとりが正しく選択できる知恵を持つことが必要な時代になってきます。

賢明で品格のある日本人のDNAを持つ私たちです。

2020年に世界中から人が集まる日本で

どんな日本人としての在り方を世界にみせましょうか。

 

今の日本が新しい日本に生まれ変わるGameを

日本が一丸となって楽しむことができる

そんな祭りをみなさんとしていきたいと思っています。

ぜひ、一緒にチームプレーを楽しみましょう!