Creative of Next JAPAN

2020年に向けて、次の日本を創ろう!

意識空間の“引き出し”は整ってますか?

今年の夏は日本全体への自然災害が多岐に渡り発生しました。

被害に遭われたみなさまへは1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

また、ここ数日、急な寒さもあり、寒暖の差が激しい状態ですが、体調は崩されてないでしょうか。

今年の夏は特に暑かったので、身体の疲れも出やすくなっていますので、ご注意くださいね。

 f:id:CreativeField:20180929234131j:plain

 

9月も後半に差し掛かりました。

2018年も残すところ後3か月。

年末に向けて、慌ただしくなる前に、しっかりと自らの意識空間の整理をしていきたいですね。

 

意識空間の整理整頓。

これを明確に意識されたことはありますか?

 

よく“引き出し”と表現されたりすることもありますよね。

自分の意識空間がスッキリして、整理整頓されていれば、目の前の人に合わせて“引き出し”を開けて、コミュニケーションができるわけです。

 f:id:CreativeField:20180929234826j:plain

また、思考したい時に“引き出し”を開けて考えることができます。

 

その“引き出し”を持てていることが大事ですよね。

いつもスッキリな状態で、必要な時に必要な“引き出し”からイメージを取り出す。

そんな意識空間が持てたら、かなりあなたの心は安泰です。

 

 

では、そんな“引き出し”をどのようにして持つことができるのか。

それをこれから、しばらく考えていきたいと思います。

 

 

“引き出し”を持つ前に、まずは自分の意識空間の棚卸しをする必要があります。

 

整理整頓、という言葉にどんなイメージをお持ちですか?

実は、「整理」というのは、あるものを全て出すこと。

そして、不要なものは捨て、ルール通りに入れていくことを「整頓」と言います。

中途半端に出して、整えるのでは、スッキリしませんよね?

f:id:CreativeField:20180929234920j:plain

 

この『全部出す』ということを意識空間に置き換えることが難しいのです。

意識空間の『全部出す』作業、「整理」は中々1人でこなすことは容易ではありません。

慣れるまでは。

 

 

自分の意識空間にあるものは、無意識空間の結果でもあります。

「思考」レベルになっているものは取り出しやすいのですが、

そこに「感情」も乗っかっていたりします。

ベースには、あまり意識していない「イメージ」までも根深くあります。

その裏には、「エネルギー」があり、

それはどこからきているかというと、自分をどう思うかという「Identity」から生まれているのです。

 

一言で「全部出す」というのが容易ではない、と言った理由を感じていただけたでしょうか?

 

今は、私も人の“引き出し”の整理整頓をさせていただいています。

最初からそんなことができたわけでは、もちろんありません。

自分の『棚卸し』をすることも容易ではありませんでした。

 

そんな私がどのようにして、人の“引き出し”の整理ができるようになったのかを

これから紹介させていただこうと思います。

引き続き、お読みいただけたら幸いです。