Creative of Zero Space

ーZero Spaceを活用する生き方とはー

「自分が話すために聞く」ことで話が聞ける

3日間に渡り開催してきた今回の『Industry5.0セミナー』も本日で最終日となりました。

話が聞ける状態、聞いてイメージが残ってる状態は、「自分が話すために聞く」ことです。
その対象が明確にいれば尚良いです。

自分が理解するために聞こうとするのは力が入って中々相手の言ってることを聴けないことが多いのです。

 

f:id:CreativeField:20170504211630j:plain


聴いた話を人に伝える、という実践行動を通して、自分のものとなることが多いということは、私も実感しております。
聴いて理解できたと思ったことと、人に話すことで理解できてることは深さが違います。

人に伝えながら教えながら自分のものになっていく、そのシステムとなる尊厳塾は本当によくできたシステムだと思います。
それを通して、お金も循環させていく。
新しい経済モデルも必要な時代です。

新しい技術を学びながら、
人に伝えることを通して自分の理解を深めながら、
お金まで循環させていける、
そんなシステムがあるんです⁉︎

ご興味ある方は、お近くの説明会にご参加ください。

尊厳塾 説明会 | NR JAPAN株式会社 -認識が世界を変える-