Creative of Zero Space

ーZero Spaceを活用する生き方とはー

大きくなっても思い出される人間になるために

現在、保育の現場に関わらせていただいています。

子どもたちの成長は目覚ましいものがあります。

 

言葉を話すようになること

友達と遊ぶようになること

歌を歌えるようになること

音楽に合わせて体を動かせるようになること

トイレに行けるようになること

…等々

 

本当にこちら側が感動でうれしくなります。

 

そんな子どもたちが、これから未来、どんな成長を遂げていくのでしょう。

これから先、またどこかで関わることができるのでしょうか。

 

大人になってもイメージの中に残る人物であれたら、最高に幸せなことだと思います。

彼らにとって、必要な“海”になれるように関わっていきたいと思います。

 

3月という季節は、さみしくもあり、最高にうれしくもあります。

人生の旅路の節目。そこに関わることができる役割に感謝です。