読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Creative of Zero Space

ーZero Spaceを活用する生き方とはー

日本の龍はまだ死んでない

アメリカの大統領が変わり、北朝鮮の核爆弾の報道が増え、世界の状況が大きく変わってきている昨今。

この時代を変革するリーダーに日本がなるだろう、と思っている人はいないのではないでしょうか。

世界からみたら、日本は「終わった国」としてみられていることの方が多いように感じます。

 

そんな中でも、不思議と「この国は何かある」という心もあります。

 

敗戦後、日本は酷いレッテルを貼られ

それでも高度経済成長を成し遂げましたが、今は経済も低成長を続けています。

そして、3.11で起きた原発事故。

 

なのに、日本はつぶれていない。

なぜ、日本はつぶれてもつぶれても立ち上がるのかー

 

ある人は言います。

『まだ日本の一番深い魂が生きているから』と。

『私はそこに勝負をしたいのです』と。

 

その人は、日本全体を“龍”としてイメージしています。

『日本は一度、アジアに向けて、世界に向けて理想を爆発した龍だ』と。

でも、負けたから。

傷ついて、倒れて、もう一度チャレンジすることができなくなっている。

 

日本は2度過去を切りました。

1度は「明治維新

命よりも大切だった刀を置いて、西洋を受け入れました。

 

2度目は「敗戦」

負けを認め、負けた側としてアメリカを受け入れました。

敗戦後も、戦前志を共に戦った志士の意志があったから、再度経済復興を遂げることができましたが、その後、TVを通して、どれだけアメリカがすごいのかをみるようになりました。

更に、バブル崩壊

 

何度倒れても立ち上がることができたのは、根底に日本を創ってきた志士の意志があったから。

それも今はもう絶たれようとしています。

 

でも、ある人は言います。

『まだ日本の龍は死んでないよ』

『富士山の飛龍は、まだ死んでないよ』

 

そのメッセージを届けようとしてくれる“韓国人”がいるのです。

 

日本は、十分に負け側の姿勢をみせたから。

十分受け入れたから。

もう、十分じゃないか。

 

だから、もう一度立ち上がって。

今度は、平和で愛で真理で尊厳で世界にチャレンジしてほしい。

 

このまま置いておけば、世界は核戦争の時代に行ってしまう。

その流れを唯一止めることができるのは、準備のできている日本なのです。

日本は「平和の種」だと。

 

世界を人類の歴史を次元上昇させることができる国が日本だと。

 

21年前から変わらずメッセージを投げ続けているのが韓国人のNoh Jesu氏です。

日本人がみている日本とは違う日本をみています。

Noh氏の観ている日本の背景をみてほしい、感じてほしいのです。

私は日本人として、彼の言葉を無視できない。

1人でも多くの日本人が世界をリードしていく日本のイメージができるようになった時、日本は「平和の種」になると思います。

 

日本の魂よ、一日も早く目覚めますように。

 

彼が伝え続けているメッセージです。