読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Creative of Zero Space

ーZero Spaceを活用する生き方とはー

般若心経からみる新たな“人間観”

今日は母親の誕生日でした。

研修中で連絡ができてませんでしたが、おめでとうございます !

 

私にとって、身体が誕生した原因態は母で、母に対して結果態です。

でも、般若心経でも語られているように、“自在”なのです。

 

“自在”とは『自由自在』と解析しています。

そうなると、自らが理由で、自らが在る(自らが存在する理由)なのです。

本当の自分は、因果によって在るのではなく、自らが存在するのです。

始まりなき始まりから終わりなき終わりまで。

始まることもなく終わることもなく、ずっと在り続けているのです。

 

それが“空”だと般若心経では説いているのです。

きれいになることも汚れることもなく

増えることも減ることもなく

生まれることも滅することもないのです。

 

ずっと変わらずにあり続ける、それが本来の自分。

何者にも規定されない、大自由な心なのです。

 

般若心経の世界が今ここの自分のIdentityとつながっているのです。

大自由の心そのもの。

尊厳そのもの。

 

新たな人間観。人間教育。人間に対する再規定。

それが“観術”で言っている『教育革命』なのです。

それが、Noh Jesu氏が20年間一貫して叫び続けている

「人間こんなもんじゃない!!」

と言われる背景にあるのです。

 

自らのイメージを決めつけ、苦しんでいる人間観を終わりにさせ、大自由の心そのもの、唯一無二の絶対尊厳そのもの、その自分になって、新しい関係性の構築を再創造していきましょう。